木の香りの無農薬駆除剤で安全、安心施工

新報掲載『根絶』12月まで延長(久米島アリモドキゾウムシ

新報掲載『根絶』12月まで延長(久米島アリモドキゾウムシ

平成24年10月31日掲載

那覇植物防疫事務所は30日、県庁で記者会見を開き、今年6月から久米島で実施している、イモ類などの特殊病害虫アリモドキゾウムシ根絶事業の最終確認調査を12月28日まで延期すると発表した。
本島から持ち込まれたサツマイモが発生源で、9月中にアリモドキゾウムシが確認されたことが影響した。
 島内全域に設置しているトラップのうち、9月18日に仲泊地区の2箇所でそれぞれ1匹ずつ誘殺を確認。
翌日からの調査で、1軒の庭先に放置されていたサツマイモが発生源であると特定した。
本島から土産品として持ち込んだ荷物の中に混入していたという。放置されていたサツマイモ1.6kgには成虫86匹、さなぎ67匹が寄生していた。その後、発生源の半径500メートル以内にトラップを増設したところ、今月9日までに40匹の雄の成虫を誘殺した。
 ただ、今回発見されたサツマイモ以外からのアリモドキゾウムシの発生は確認されず、今月10日以降は新たな誘殺もないことから、同事務所は「着実に根絶に向かっている」と判断。1世代相当の3ヶ月の延長を決定した。
 同事務所の渡久地章男統括植物検疫官は「二度と持ち込みのないよう、広報を強化したい」と述べた。


HOME > HOME > 新報掲載『根絶』12月まで延長(久米島アリモドキゾウムシ