木の香りの無農薬駆除剤で安全、安心施工

茨城で鳥インフルエンザ

茨城で鳥インフルエンザ

平成17年6月27日(月曜日) 朝刊1面
国内初 弱毒性H5N2型 4〜6月800羽死亡

茨城県水海市の養鶏場「アレバメントカントウ」で4月〜6月に鶏計800羽が死に、農水省は26日、動物衛生研究所(同県つくば市)の検査で、国内初のH5N2型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。
1951年の家畜伝染病予防法試行以来、高病原性ウイルスの検出は国内5例目。これまではいずれも毒性の強いH5N1型だったが、今回のウイルスは毒性が弱いタイプと確認された。
養鶏場は埼玉県内や東京都内に卵を出荷しているが、農水省は「ウイルスは卵や鶏肉を介して人には感染しない」と説明している。
茨城県は25日、養鶏場に出荷自粛を要請。26日夜に半径5`居以内で鶏や卵の移動を制限する措置をとり、27日には対策本部を設置し、養鶏場でで飼育する約2万5千羽すべてを処分、鶏舎を消毒する。
農水省や茨城県によると、養鶏場では4月に308羽、5月に268羽、6月に228羽が死んだ。産卵数も最大で通常の4割まで落ち込み、現在は8割程度に回復した。
養鶏場は5月下旬に民間検査施設に簡易検査を依頼、5羽調べて鳥インフルエンザが分離され、今月24日に検査施設が県に通報。25日から動物衛生研究所が確定検査を行い、遺伝子解析で毒性の弱いタイプと確認した。


HOME > HOME > 茨城で鳥インフルエンザ