木の香りの無農薬駆除剤で安全、安心施工

シロアリから守礼門を守れ

シロアリから守礼門を守れ

平成16年12月8日 琉球新報朝刊社会面 掲載

教育委員会が補修工事へ
二千円札の図柄にもなっている那覇市首里の守礼門(県指定
有形文化財)が、シロアリ被害などで腐朽していることから
県教育委員会は、12月下旬から来年3月末まで、主柱を支える
控え柱の取り替えなどの補修工事を実施する。
工事期間中、守礼門は高さ2.7メートルの壁で囲われるため、
屋根部分しか見ることができず、観光客にとってはちょっと
物足りない名所となりそうだ。
守礼門は昨年4月にシロアリ被害が見つかり、その後の調査で
8本ある控え柱のうち、2本で腐朽の進行が確認された。
今回は正面の向かって右側から2番目の控え柱を取り換えるほか、
裏側の1本も根元を接ぎ木する。補修に合わせ、すべての控え柱
を解体修理する。
新しい控え柱となるオキナワラジロカジは県内で調達できない
ため、県外に発注するという。


HOME > HOME > シロアリから守礼門を守れ