木の香りの無農薬駆除剤で安全、安心施工

『バイオ甲子園』で全国2位 (海邦高校科学部)

『バイオ甲子園』で全国2位 (海邦高校科学部)

2004年(平成16年)11月23日火曜日 朝刊27面
琉球新報掲載

バイオ甲子園とも呼ばれる第13回高校生によるバイオ研究発表会
(主催バイオテクノロジー研究推進会など)が20日、熊本市で
開かれ県立海邦高校(中村一男校長)科学部が2位(優秀賞)に
輝いた。
大会に出場したのは下門健人君、磯崎洵君、糸洲わかのさん、
津覇明日菜さんの4人(いずれも理数科2年)
4人が発表したのは「シロアリのセルロース分解機能に関する
研究」。これまでシロアリは、消化管内の微生物の働きによって
植物繊維などの主成分・セルロースを分解していると考えられて
きたが、最近、シロアリ自身にも分解酵素があることが明らかと
なり、4人はその実証に取り組んだ。
1p弱のシロアリを分解して、唾液腺、前腸、中腸、後腸を
取り出し、それぞれを遠心分離器にかけ調べた結果、微生物の
影響を受けない唾液腺で分解酵素があることを突きとめた。
下門君らは「参加した他の高校は3年から4年も継続研究して
いた。自分たちは半年なので、入賞は無理と思っていたが、
優秀賞に選ばれうれしい」と喜ぶ。
4人を指導した杉尾幸司経論は「シロアリの解剖は大学生でも
難しい大変な作業なのに上手にやっていた」と目を細めていた。
同発表会には、全国の各地区代表8校が参加した。


HOME > HOME > 『バイオ甲子園』で全国2位 (海邦高校科学部)