木の香りの無農薬駆除剤で安全、安心施工

松島中学区育成協へ安全パトロール帽子寄贈

松島中学区育成協へ安全パトロール帽子寄贈

H15.5.27(火)琉球新報へ掲載されました。
内容をご覧下さい。

那覇市立松島中学校区青少年健全育成協議会(仲村渠政秀会長)はこのほど、子供たちを犯罪から守ろうと「児童生徒安全パトロール」帽子百個を製作した。22日には松島小中、真嘉比小に帽子を寄贈した。贈呈式は同日、那覇市古島の松島中で行われた(写真)
帽子製作では、地元の古島にある企業「白蟻百十番」が資金面で
協力した。
贈呈式には同社の下地晃彦代表取締役、仲村渠会長のほか、三校の校長が出席した。仲村渠会長は
「各学校それぞれが児童パトロールを実施し、その際に帽子を活かして欲しい」と強調した。
真嘉比小は自治会を中心にパトロールを実施しており、同校の
大嶺愛子校長は「今後も教職員も一緒になり、帽子を活用して
パトロールを強化したい」と語った。
ほかの二校も、地域パトロールで帽子を活かす方針だ。


HOME > HOME > 松島中学区育成協へ安全パトロール帽子寄贈