木の香りの無農薬駆除剤で安全、安心施工

しろあり関連ニュース

<前へ  1  2  3  4  5  6  次へ>

最近の家も抜け穴アリ

朝日新聞掲載 2008年7月1日


外来シロアリも怖いけど、数が多いのは在来種。
被害の進行も速いから、家を建てて何年も点検していないのは結構マズい。しかも最近の家には、シロアリに弱いものも少なくないそうなんです(神田 剛)

在来種の代表はヤマトシロアリとイエシロアリだ。連中は主に地中から基礎に入り、土台へ上がる。地盤をコンクリートで覆った「ベタ基礎」でさえ、ひびやすき間があれば立派な入り口になってしまう。
でも建築基準法には、「必要に応じて」予防策を講じてね、とあるだけ。
旧住宅金融公庫(住宅金融支援機構)はやや細かく、融資する家には地上1b以下を薬剤で防蟻処理するよう求めている(一部地域を除く)だが、これもヒノキやヒバを使えば薬剤処理は免除される。
「ヒノキやヒバも、ほかに木がないと食べます」防除業者でつくる日本しろあり対策協会理事の南山和也さんは言う。薬剤の効果も数年間。「絶対来ない木造は、ありえません」
なのに最近の家は軒が短めで、壁に雨が染みやすい。中に湿気がこもると格好の餌食となりやすい。
 しかも基礎と床の間が狭く、点検口もない家は、点検や駆除もやりにくい。
さらに厄介なのは、住宅メーカーも使うマツ科のスプルースという木。実はこれ、彼らの大好物。京大生存圏研究所の吉村剛准教授がシロアリの巣に置いた実験では見事に食い散らかされた。
 吉村さんは、壁から基礎まで外から断熱材で覆った「基礎外断熱」の家も心配する。冷暖房効果率のアップで注目の工法だが「地面に接した断熱材を食べて中をはい上がり、梁が食われた例もあるんです」

 駆除や予防は、木材に薬剤を散布・注入する工法が一般的だ。3.3u6千円から9千円程度が多く、有効期間は5年。ただ、使う薬や作業の段取りは事前によく確認を。
 以前は薬や匂いで頭痛やめまいを訴える人も多く、国民生活センターも度々注意を呼びかけてきた。
日本しろあり対策協会は認定した薬剤を使うよう会員に求めているが、天然成分をうたう薬のにおいに不調を訴える例も。万一に備え、業者が賠償保険に入っているか確認を。使う薬が少ない工法も。
「ベイト工法」は、家の周りにエサの木を複数埋めて誘引。食べ出したらエサに毒を盛り、巣に持ち帰させて全滅させる作戦だ。
 薬を一切使わない予防もなくはない。「月1回、床下で「蟻道」を探すんです。つぶせは一時期逃げる。それを繰り返すんです」(南山さん)。蟻道はシロアリが作るパイプ状の通路。ただ、外来のアメリカカンザイシロアリは作らないので、念のため。

業者選びは慎重に。突然、床下の無料点検と称してきたような業者に、いきなり任せるのは危険だ。
 昨年度、国民生活センターに寄せられたシロアリの相談は約1千件。何と8割が契約済みだった。訪問販売は、作業後であっても8日以内はクーリングオフが可能だ。
 南山さんも、価格表がない、見積書がない、大幅な値引きをする、その場で契約を迫る、調査もせずに床下換気扇や調湿剤を勧める、すぐ工事したがる、日本しろあり対策協会に入っていない。一つでも該当すれば要注意だ、と言う。
 実はシロアリ防除業者には免許制度がない。これは500万円未満の工事は免許不要でドラブル続発のリフォーム業界と同じ。
 
家を買わせる仕組みはしっかりあっても維持する仕組みは中途半端。そんなのアリかいって思うけど、それが「200年住宅」を推進する国の事情だ。


シロアリの消化機能応用 廃材をバイオ燃料に【20.7/3沖縄タイムス掲載】

「エネルギーと食料の安定供給に」
  琉大徳田助教ら研究

 


家屋を食い荒らすシロアリの消化機能を応用し、バイオ燃料を生産する研究を琉球大学分子生命科学研究センターの徳田岳助教(38)らが進めている。

シロアリの腸内酵素で木材や植物を分解し、バイオ燃料の原料となる糖を生成する。トウモロコシなどの植物を燃料に転用する技術と異なるのは、建築廃材や農作物の不要な部分を利用できる点だ。
 徳田助教は「シロアリは木材を効率良く糖に変える微生物の宝庫。消化の仕組みを解明し、エネルギーと食料の安定供給に役立てたい」と意欲を見せる。

植物の主成分はセルロース。人を含む多くの動物はセルロースの分解酵素を持っていない。一方、シロアリは自前で作れるセルラーゼという酵素と、体内にいる微生物が作る酵素の両方を使い、セルロースをバイオ燃料の原料となるブドウ糖に効率良く分解できるという。
徳田助教は、関東地方に拠点を置く理化学研究所や東京大学、農業生物資源研究所の関係者とともに農業・食品産業技術総合研究機構の補助を受け、2007年度からの5年計画で研究を継続。
シロアリの消化機能を人工的に模倣し、ブドウ糖を発酵させてエタノールを生成する技術の開発を目指す。
世界各地で石油の代替エネルギーの開発が進んでいるが、トウモロコシやサトウキビなどの食物を燃料に変える技術は、食料価格の高騰など大きな問題に直面している。
これに対し、シロアリの機能を応用すれば、建築廃棄物や間伐材、稲わらなどの有効利用につながる可能性がある。実際、バイオ燃料の生産効率を高める酵素をもつ生物として、シロアリに着目した研究がアメリカなどでも進められているという。
シロアリは熱帯地域に多い、ゴキブリ目に属する昆虫。本州には2種類しかいないが、沖縄には十数種類分布し、研究材料は多い。徳田助教は「害虫として嫌われているシロアリだが、体内に五百種類ものバクテリアを持ち、ほかの動物には難しい物質を平然と分解する。将来的に、全国各地にバイオ燃料を生産できる小型プラントを設置できれば」と描く。

徳田助教の研究は昨年、沖縄の地域・学術振興に貢献する人材の発掘を目的とした沖縄研究奨励賞も受賞した。


ギョーザ中毒 別殺虫剤混入 宮城で体調不良

 

平成20年2月6日(水)沖縄タイムス(夕刊) 新聞掲載
ギョーザ中毒 福島県警、経路を捜査
別殺虫剤混入 宮城で体調不良

昨年6月3日に中国・河北省の天洋食品が製造した「CO・OP手作り餃子」から有機リン系殺虫剤「ジクロルボス」が検出されたのを受け、福島県警は6日、毒物が混入された経路などの解明に向け捜査を開始した。

関係者からの事情聴取などを行う。毒物の種類や製造日が違うことから、千葉、兵庫両県警の共同捜査本部には参加せず、必要に応じて両県警と情報交換する。
一 方、同じ日に製造されたギョーザを食べた宮城県石巻市の50代の女性1人が腹痛や下痢の症状を訴えたことが分かった。県は有機リン系の農薬が含まれていな いか調べる方針。

みやぎ生協によると、女性は昨年9月に購入。今年1月15日に女性と家族の計2人が食べた。
女性は1時間後には症状が回復したという。

一方、県内では県薬務衛生課が6日午前、メタミドホスが検出されなかった5商品と検査中の1商品の計6検体について、新たに「ジクロルボス」の検査も追加するよう、衛生環境研究所に依頼した。

コープおきなわでは、昨年6月3日に製造された商品288袋が販売されており、「ジクロルボス」の追加検査を進めている。
これまで体調不良を訴えた人などから回収した商品に、同日製造のものはない。

「生協 2殺虫剤の混入検査」

中 国・河北省の天洋食品が製造した「CO・OP手作り餃子」から有機リン系殺虫剤「ジクロルボス」が検出された問題を受け、日本生活協同組合連合会(日本生 協連)は6日、一連の中毒事件の原因となったメタミドホスだけでなくジクロルボスも、回収商品に含まれていないかどうか検査を始めた。

メタミドホスが国内で使用が禁止され、入手困難な一方、ジクロルボスは日本でも一般的に使われているため、いつどこで混入したのか製造、流通段階を問わず幅広く調査する。2種類とも有機リン系の殺虫剤なので、同じ検査方法で同時に検出できるという。

日本生協連によると、ジクロルボスが検出された昨年6月3日製造の「CO・OP手作り餃子」は、東北から九州まで全国に735ケース(8820袋)が流通。
回収されたのは33袋だけで、ほとんどは既に消費されたとみられる。


中国ギョーザ中毒 殺虫剤濃度100-400倍

平成20年2月2日(土)沖縄タイムス 新聞掲載

中国ギョーザ中毒 殺虫剤濃度100-400倍
千葉市で皮と具から検出

中 国製ギョーザによる中毒で、千葉市稲毛区の女性(36)宅で回収されたギョーザから検出された有機リン系殺虫剤「メタミドホス」は、130ppmと極めて 高濃度だったことが1日、分かった。厚生労働省によると、毎日摂取しても人体に影響がないとされる検疫基準の約100〜400倍といい、数値を公表した コープネット事業連合は「残留農薬としては考えにくい」としている。
殺虫剤は同じ女性宅に残されていた未調理のギョーザの皮と具の両方から検出された。千葉県警は大量の殺虫剤がギョーザの表面だけでなく、内容物にまで混入した経緯を詳しく調べる。
調べや事業連合によると、女性は昨年12月28日にギョーザを食べ、子供とともに嘔吐などの中毒症状を訴え病院に運ばれた。事業連合が食品環境検査協会に依頼しギョーザをすりつぶして調べたところ高濃度だったと判明した。
千葉県市川市の家族5人が被害に遭った「CO・OP手作り餃子」にはパッケージ内側に付着していた皮か粉が固まったとみられる小片から殺虫剤を検出。「中華deごちそうひとくち餃子」を食べた兵庫県高砂市の自営業者宅のギョーザの皮にも殺虫剤が付着していた疑いがある。
兵庫のパッケージには3o大の穴が1つ開いており、警察庁は何かを意図的に刺したか、何らかの原因で誤って穴が開いたか両方の可能性があるとみている。

県内 体調不良15人に
浦添と沖縄殺虫剤検出されず

中 国製ギョーザによる食中毒問題で県薬務衛生課は、1日、浦添市と沖縄市でそれぞれ別の家族が食べた後、食中毒症状が出たとされる「CO・OP手作り餃子」 の残りから、有機リン系の殺虫剤「メタミドホス」は検出されなかったと発表した。県内の保健所は、各地の店舗で行われた関連商品の回収状況の確認に追われ た。
冷凍ギョーザのうち、千葉県でメタミドホスが検出された「CO・OP手作り餃子」について県は現在、同じ製造年月日(ロット)の商品2袋をコープおきなわから回収、検査している。
同時に、伊是名村で回収した「CO・OP本場中国餃子」も検査中。
1日は新たに4人の有症者を確認。体調不良者は計15人になった。
竹富町では女性(28)と男児(2)の母子が、「CO・OP本場中国餃子」を食べた後、腹痛や嘔吐などの症状が出て病院で受診している。県は「引き続き警戒が必要」とし、関連商品を食べて中毒症状が出た人保健所に連絡するよう呼び掛けている。
同問題を受けて県内の保健所と県薬務衛生課は2日(土)、3日(日)も午前9時〜午後5時まで担当職員が常駐し、相談を受け付ける。


本島内シロアリ駆除で残留

琉球新報 新聞 掲載

本島内 シロアリ駆除で残留
国内突出の高濃度 テラピアから殺虫剤

過 去にシロアリ駆除などの殺虫剤として使用され、現在は使用が禁止されている化学物質クロルデンが沖縄本島のテラピアやボラから検出され、近年の国内報告で 突出して最高値であることが、愛媛大学と琉球大学の共同調査で分かった。検出濃度は1グラム当たりテラピアが0.019マイグラクロム、ボラは0.014 マイグラクロム。体重60キロの人間が生涯で日本人平均の魚介類を摂取した場合、人体に影響を及ぼす許容摂取量1グラム当り0.027マイグラクロムの基 準値に迫っている。
県内では過去にシロアリ駆除でクロルデンが大量に使用されており、今回の調査でクロルデンが現在も水辺などに残留している現状が浮かび上がった。

調査は「南西諸島に生息する水生生物の有害化学物質調査—魚介類の汚染に関する報告」で、高橋真准教授ら愛媛大のチームと琉大が共同して2005年8月から06年7月にかけて実施した。沖縄本島や石垣島のテラピアやボラなど魚介類の有害化学物質の含有量を調べた。
本島では那覇市の漫湖、嘉手納町の比謝川、恩納村の志嘉座川の三箇所で調査を実施した。その結果、本島で過去に大量使用されたクロルデンの残留が「今なお 顕著である」ことが分かった。全国では東京湾のスズキの含有量が高かったが、沖縄はそれよりも約十倍高い数値が検出された。
高橋氏は「シロアリは南国で発生しやすい。沖縄では過去に住宅地で大量にクロルデンを使っていた。それが水辺の生態系などに残留・蓄積されていると考えられる」と指摘した。
また、人間や野生生物の甲状腺ホルモン系のバランスを狂わせる可能性のあるポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)についても他の日本沿岸の魚類より高レ ベルの残留が認められた。特に嘉手納のテラピアなどで値が高く、検出された1グラム当たり2600ナノグラムの値は瀬戸内海の魚介類の約十倍だった。高橋 氏は「(PBDEは)米国が大量生産した家電製品のケースなどにも多く含まれているので、米軍基地などの活動が影響しているのではないか」と話している。
人体には影響はないが、石垣島ではテラピアなどの体内から「鳥類の餌となる魚介類の無影響濃度」の基準値を超える濃度の水銀が検出されている。

食用外でも要注意—桜井国俊沖縄大学長(環境学)の話
有 機塩素系の物質は水に溶けにくく残留性が高い。ボラやテラピアは回遊魚ではなく、汚染を知るための指標生物として優れており、調査でそれらを指標に選んだ のは適正だ。テラピアやボラを食べる人は少ないだろうが、クロルデンの濃度が高いことは注目に値する。人が食べた場合に影響を与える基準値に近いのは要注 意だ。県はダイオキシン類などの調査は実施しているが、クロルデンは調査項目に含めていない。濃度が高い汚染の実態が分かったことをきっかけに県は今後、 調査を実施すべきだ。

≪クロルデン「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律」の第一種特定化学物質に指定され、製造・輸入が禁止されている。シロアリ駆除剤などに使用された。
人 間は2.25グラムの取り込みでもけいれんが起こり、致死量は6グラム程度とされる。皮膚吸収により肝臓障害も引き起こす。1981年の調査報告では、沖 縄で79年に59トンものクロルデンが販売されており、県内各地の魚類にクロルデンが高濃度で蓄積されていると報告されている。≫


小学生インタビュー記者、来社

平成19年1月22日(月)
近隣にある那覇市立松島小学校より、2学年生の
児童4名が、校区探検学習の一環で、弊社を訪れました。

児童の皆さんは緊張されながらも、ハキハキと質問をされて
インタビュー内容等をしっかりとメモを取る姿は感心しました。

★インタビュー記者
★比嘉 良憲くん  ★金城 博也くん
★渡慶次 大河くん ★大城 智也くん

初めて見た!と言って、シロアリ標本や被害物を驚いた表情で
観察をしており、普段は意識しませんが、実は身近に生息している
シロアリへの興味も高まったでしょう。
しろあり110番ではこれからも教育・地域活動に協力してゆきます。
しろありのご相談も、お気軽にご来社下さい。


環境ISO初取得

沖縄タイムス掲載 平成18年9月16日

総合建設業の白蟻百十番(那覇市)は8月18日付で環境マネジメントシステムの国際標準規格ISO14001を取得した。
下地社長は15日、沖縄タイムス社を訪れ、「環境ISOの取得は全国の消毒・衛生業界で初。

業者による害虫駆除でシックハウス症候群に悩む被害者も多い。当社の取得が業界のレベルアップにつながれば」と期待した。

認証範囲は「建設物のシロアリ駆除防腐処理および床下・天井裏の環境改善施工」同社は国内では例が少ない「樹木油」を使った「天然素材駆除工法」を採用。

住環境に優しい製品材料の普及、拡大などに努めている。


白蟻百十番がISO認証取得

『消毒・衛生業で全国初』

●白アリ駆除の白蟻百十番(那覇市、下地晃彦社長)は環境マネジメントの国際規格ISO14001を8月18日付けで取得した。
同社によると、消毒・衛生業界では全国初だという。

同社では認証取得のために白アリの被害に遭った廃材をチップ材に再利用するなど独自に環境問題に取り組んできた。
下地氏(写真左)は「取得をきっかけに、県内業界のレベルアップに貢献したい」と述べた。


白アリQ&A

Q白アリ被害は多いの?

A「亜熱帯性気候で高音多湿の沖縄は、極めて白アリが生息しやすい環境。家屋に被害を与える白アリは大きく5種に分けられているが、そのすべてが沖縄に存在している。

一般的にコンクリート住宅は白アリ被害がないと思われているようだが、気密性にすぐれている為、意外にも多い。
家を選ぶ時は、柵や扉はもちろん、床下なども実際に開けて確認すべき。

 


競争入札の指名を頂きました

平成18年2月03日
「壷屋牧志線(平和通り)道路改良工事」
の競争入札についてご指名頂きました。

建設ニュース
http://www.okitel.com


<前へ  1  2  3  4  5  6  次へ>

HOME > HOME > しろあり関連ニュース