あなたの地域のシロアリ被害は大丈夫?

シロアリの被害1

シロアリの被害1

シロアリは雑食性で、その被害はきわめて広範囲に及び、気が付いた時には被害がかなり進行している場合が多く見られます。

●土台と柱の被害
シロアリは地中から建物に侵入することが多いため、まず土台や床束、柱などの下部から食害されます。そのため柱が浮いたり、傾いたりして地震や台風の際、思わぬ大災害を招く恐れがあり危険です
●天井裏の被害
シロアリは気付かぬうちに柱や壁の内部を食い進み、天井裏の小屋根にまで被害が及ぶ場合があります。
●床板の被害
床下から侵入してきたシロアリは、床板を食い荒らし、その上にある畳や家具類まで食害します。
●鉄筋コンクリート造校舎の床板の被害
たとえコンクリート造建物でも、シロアリはひとたび侵入すると、内部の木材や家具を食い荒らします。
●新建材の被害
シロアリは木材だけでなく、プラスチックや合成ゴム製の新建材も加害し、特に発泡スチロールや発砲ウレタン系の断熱材は木材より好んで加害されます。
●畳の被害
気付かぬうちに家具類の下の畳がシロアリに食害されている場合があります。
●モルタル壁内部の被害
モルタルやコンクリートブロック壁内部は暗くて高温多湿なので被害が多く見られます。


HOME > シロアリ被害 > シロアリの被害1