あなたの地域のシロアリ被害は大丈夫?

建築物を加害するシロアリ

建築物を加害するシロアリ

わが国で建築物を加害するシロアリは主にヤマトシロアリとイエシロアリです。その他最近”乾材シロアリ”の仲間であるアメリカカンザイシロアリとダイコクシロアリの被害がふえてきています。

ヤ マトシロアリは北海道北部を除くほとんど日本全土に分布しています。特別に塊状の巣は作らず、適当な生活場所と餌を求めて集団で移動する習性があります。 特に乾燥に弱いので、常に湿った木材や土中で生活しており、建物では土台や床束などの建物下部を加害します。本種の被害は腐朽と同時に起こることが多く、食痕は多湿で汚いです。

イエシロアリは神奈川県以西の海岸線に沿った温暖な地域と南西諸島、小笠原諸島に分布しています。
建物や地中に塊上の大きな巣を作り、普通数十万匹、大きいものでは百万匹にも達します。したがって、加害速度も早く、被害も大きくなります。乾燥した木材 でも水を運んできて湿らしながら加害するので、被害は建物全体におよびます。食痕は乾燥しており、きれいです。


ヤマトシロアリによる被害

ヤマトシロアリの兵アリ

イエシロアリの働きアリ

イエシロアリの巣
(コンクリート下)
 
イエシロアリの羽アリ

 

ア メリカカンザイシロアリは特別に加工した巣や蟻道をつくることなく、乾燥した木材中に坑道をつくって小集団で生活しています。特別に水を必要とせず、建物 の乾材やピアノ、ステレオ、タンス、鏡台、机などの家具を食害します。食害孔から乾いた砂粒状の糞を排出するのが特徴です。

ダイコクシロアリは現在のところ、奄美大島以南に分布しており、沖縄県ではかなりの被害があります。”カンザイシロアリ”の一種で被害状況や加害習性はアメリカカンザイシロアリによく似ています。


アメリカカンザイシロアリの兵アリ


触覚第3節


ダイコクシロアリ
の兵アリ

アメリカカンザイシロアリの糞

HOME > シロアリ被害 > 建築物を加害するシロアリ