あなたの地域のシロアリ被害は大丈夫?

シロアリの種類を判別するには

シロアリの種類を判別するには

兵アリの頭部の形状で判断するのが最も確実で簡単な方法です。

イエシロアリの頭部は卵形で体長の約1/3の長さで、虫に触れると、頭部先端から乳白色の液(防御物質)を出します。

ヤマトシロアリは頭部がほぼ円筒形で体長の約1/2の長さで、乳白色の液は出しません。

アメリカカンザイシロアリの頭部はほぼ円筒形でヤマトシロアリに似ていますが、体長が約2倍ほどあり、頭部が体長の約1/3の長さです。触覚の基部から3番目の関節が他節より長大なのが特徴です。乳白色の液は出しません。

ダイコクシロアリの頭部は、前面が裁断状で、横から見ると大黒天の頭部に似ているのでこの名称が付けられたものです。体長の1/4の長さで乳白色の液は出しません。

 

<ヤマトシロアリ、イエシロアリ、アメリカカンザイシロアリの分布>

 

 


HOME > シロアリ被害 > シロアリの種類を判別するには