化学物質の選定の考え方

化学物質の選定の考え方

  1. 健康への有害な影響に関する化学的知見に基づき室内濃度の指針値が設定されていること。
  2. 実際の建築物において室内濃度の指針値を超過し得ることが確認されていること。
  3. 化学物質の発生源と室内濃度との関係について化学的知見が得られていること。

集合住宅にも適用されのか?

集合住宅にも適用されます。今回のシックハウス規制は、居室を有する建築物すべてが対象ですので住宅以外の店舗や事務所などについても規制対象となります。

増改築にも適用されるか?

増改築に関しても新築の場合と同様の規制がかかります。
建築基準法が適用される増改築を行う場合には、既存部分も含め、新築の場合と同様の規制をうけます。


HOME > 薬剤について > 化学物質の選定の考え方