無農薬天然素材主成分配合駆除剤

無農薬天然素材主成分配合駆除剤

防除剤の薬効は5年間
10年保証は再施工が必要

品確法の十年保証や住宅性能表 示制度における「劣化の軽減」項目とからんで、木造住宅におけるシロアリ駆除工事が一段と重要視されるようになった。

特に十年保証では、シロアリ防除剤の 薬効が五年とされている為、再施工の必要もあって、住宅業者にとってはシロアリ防除業者との別途契約による長期予防措置も考慮しなければならなくなった。

品確法の十年保証の対象とされる部位には、住宅のうち構造耐力上主要な部分である基礎、基礎ぐい、土台、壁、柱、小屋組、横材などがあげられる。

これらの部分に新築引渡し後、十年以内に欠陥、不具合が発生したときは新築工事を請負った建築業者が自費で補修する責任がある。

欠陥は一般的には工事の手抜きや施工ミスによって生ずると考えられているが、シロアリ被害は新築時の予防工事だけでは妨げない問題があり、建築業者にとっては気になる点である。

挿し絵十年保証では、新築時におけるシロアリ予防工事が適切に行われていなかったことがシロアリ被害につながったと判定されれば当然建築業者に保証責任が負わされる。

  問題となるのは新築時に予防工事を行ってもシロアリ防除剤として使用した薬剤の効果が五年間しか続かないことにある。

シロアリ防除剤は人体、生物に悪影響 があるとして、近年、比較的安全な薬剤が使用されるようになったが、その分薬効が短くなり、シロアリ予防の薬剤効果は現在使用されている有機リン系薬剤で 五年間とされている。

さらに安全な非有機リン系防除剤となると薬効がさらに短くなるともいわれている。


HOME > 薬剤について > 無農薬天然素材主成分配合駆除剤